病気のはなし

アレルギー

蕁麻疹(じんましん)

突然、蚊に刺された時の様に皮膚が膨らんで痒みが出る、蕁麻疹は小児では比較的ありふれた病気です。

蕁麻疹は様々な原因で、皮膚のごく細い血管から液体成分が漏れ出して浮腫(腫れ)を起こす事により引き起こされます。形は様々で短時間で出たりひいたりするのが特徴です。食べ物のアレルギーで起こると思われがちですが、原因は様々で、感染症・疲労・ストレス・寒さや薬剤などが原因になることもあります。症状が1か月以上続くと慢性蕁麻疹と呼ばれますが、長期間続く蕁麻疹は原因の特定が難しい場合が多いです。

原因が様々なので、蕁麻疹の診察では問診が非常に重要です。初めて食べたもので出た場合など疑わしい原因があれば、血液のアレルギー検査で確認を行う場合もあります。また、一部の解熱鎮痛薬やサリチル酸を含む食品(カレーなど)により、蕁麻疹が出現しやすくなることもあり、これらについての聞き取りも必要となります。小児の場合は、風邪などの体調不良時に出現する一時的な蕁麻疹が比較的多い印象です。

治療は原因となるものが特定された場合はそれを避けることと、抗ヒスタミン薬の内服が基本で、治りが悪ければ他の抗ヒスタミン薬やステロイド・漢方薬などの内服を行う場合もあります。また蕁麻疹は一般的に、温めると悪化し冷やすと改善することが多いので、蕁麻疹が出ている場合は湯船につかることは避け、逆に患部を冷やすことが症状の緩和に繋がります。小児の蕁麻疹はたいてい数日で改善することが多いのですが、長く続く場合は定期的な受診が必要となります。

蕁麻疹は短時間で変化するので、受診時には消えていることもあります。症状が出たときに写真に撮っておいて受診の時に見せてもらえると診断に役立ちます。

戻る

ページの先頭へ