公式ブログ

カテゴリ「スタッフリレートーク」のブログ記事

スタッフリレートークVol.2

2016年7月10日
 カテゴリー:

こんにちは。
看護師長よりバトンを頂きました、看護師のTと申します(*^^*)
開院よりこちらでスタッフとして働いています。

私が院長と初めてお会いしたのは…もう9年ほど前になり、その頃一緒にお仕事をさせて頂いておりました。
患者の母としても大変お世話になっております(^^)


仕事は看護師ですが、私生活では娘2人の母をしております。

9年前はまだ子供も小さく、体も強い方ではなかったので頻繁に熱を出したり、入院したり…と大変だったことを思い出します。
保育園に連れて行っても泣き噦る我が子を見て、自分が仕事をすることが子供に負担をかけているんじゃないか…など色々考えた時期もありました。

今では子供達も大きくなり私並みに(…私以上に⁈)口達者で強い子に成長しました(正しくは、してしまいました…かな)σ^_^;

今は、娘達と共通で楽しめることがあり、話題が絶えません(*^^*)
多少…私の方がのめり込みすぎて、娘達は若干引き気味ですが…>_<

あと、最近レジンを使っての小物作りを始めようと、色々材料を揃えて作り始めています(*^^*)
LINE_P20160708_20292466.jpg LINE_P20160708_20292470.jpg
次は看護師のNさんです、よろしく〜

スタッフリレートークVol.1

2016年6月25日
 カテゴリー:

こんにちは!

クリニックの看護師長のKです。
クリニックが開院して二ヶ月、今までブログは院長に任せておりましたが、今回から、スタッフも参加させて頂こうと思います。
まずは、一人ずつ、自己紹介を…と考え、私からバトン形式に始めたいと思いますo(^▽^)o

私が看護師になろうと思ったのは、はるか昔、小学一年生の時でした。その年に、父を事故で亡くし、母と姉との生活になったのですが、姉は身体が弱く、子供心にも、「私が何かしなくては」と考え、単純に、看護師になろうと決心したのでした。
看護師になってからは、ほぼずっと新生児からご高齢の方まで対象に救急の場に携わってきました。その中で、勉強すればするほど、「父の事故現場に心肺蘇生の知識を持った人がいたら、助かったのではないか?」などと考えるようになり、同僚医師や看護師と、一般の方や医療者向けの心肺蘇生法のコース立ち上げと普及につとめました。
その後、看護学校で看護師育成に携わってきました。
今回、クリニック開院に伴い思うのは、私達が自分の力を過大にも過小にも見せることなく、誠実でありたいということです。
設備面では、確かに病院に劣りますが、クリニックだからこそ、もっと身近であり、患者様お一人お一人をしっかりと受け止め、医療が提供できるのではないかと思っています。
また、私自身、二人の娘をもつ母ですから(スタッフ全員、子育て中です)、より身近なお声がけもできると思います。
いい意味で、アットホーム的なクリニックになれればと思います。

なんだか内容が面白くないですね~~すみませんf^_^;
最後に、最近のマイブームなど…

最近は、マスキングテープ集めに凝っています。
いろいろありますね~~
mt図鑑シリーズは、精密な図柄に説明文もあり、見応えあります(写真の一番下の段、右側です)
image1.JPG
集めるだけで、満足しちゃったりするのですがf^_^
一番のお気に入りは、高橋真琴さん(ご存知ですか?)のものですo(^▽^)o
image2.JPG
(クリニックのどこかに、少し使っています(^。^)探してみて下さいね。)
image3.JPG
長々と失礼いたしました(^.^
あ、そうそう、ホームページのぬり絵も、よろしくお願いします~o(^▽^)o
クリニックでも、配布させてもらうようにしました!

では、次にバトンタッチです~~
次は、看護師のTさんです!
Tさん、よろしく~~o(^▽^)o
4 / 41234

ページの先頭へ